中途採用
2017年入社/寿司職人

平岡 徹也

Matsue Groupで働こうと思ったきっかけは?

前職が魚屋で、魚をさばいたり、ときには接客をしていました。
そこで培った魚の知識や自分のキャリアをいかせる職を探していたところ、すし職人の応募を見てMatsue Groupに決めました。

仕事の内容とやりがいは?

入社当所は魚をさばいたり、シャリをつけたりきったりすることがメインでしたが、現在はカウンターに立つこともでき、巻物や丼ものなどを任されるようになりました。
カウンターに立っているとお客様から生の声がダイレクトに聞こえてくるので、食事を終えた人が笑顔で「ごちそうさま」と言われたときはやりがいを感じます。

スタッフ同士のコミュニケーションや職場の環境はどうですか?

自分は板長の下で寿司のネタの管理からさばき方、コハダやサバ、かんぴょうの仕込みから玉子焼きなど全般的に教わっています。何となく寿司屋のイメージだと職人さん背中をみて覚えることが多いのかなぁと思っていたのですが、そんなこともなくてひとつひとつ丁寧に教えていただけるので助かります。

仕事を通して、自分が成長したと思えることはありますか?

やっぱりカウンターを任されることになったときはうれしかったし、成長できたかなぁって思います。
まだまだお客様とのやりとりは苦手なので、今後はもうすこし自然な笑顔で会話ができればと思っています。

将来の夢や目標はありますか?
またその為にしていることはありますか?

今は巻物や丼ぶりを作ることがメインになっていますが、次は寿司の握りを任されるように努力しています。まだ寿司職人としての経験は浅いので、しっかりと板長の背中をみて成長していければと思います。

応募をお考えの方へ

丁寧に教えてくれる先輩も多いですし、お休みのしっかりもらえて、自分の趣味の時間も大切にできる職場だと思うので、応募お待ちしております。

エントリー

近日公開予定